スポンサーリンク

茨城県の概要と観光について

茨城県は関東地方北東部にある県で、県庁所在地は水戸市。
隣接県は福島県、栃木県、埼玉県、千葉県です。

 

県の人口は300万人弱で、政令指定都市を持たない県としては最も人口の多い県です。
実際に県の北部から東部は工業化が進んでいて、南部は都心に通う人のベットタウンとなっています。

 

茨城県の観光ですが、県東部は太平洋に面しており、夏場はマリンリゾートが盛んです。
また、水戸市の偕楽園は岡山の後楽園や金沢市の兼六園と並び、「日本三名園」のひとつに挙げられます。

 

高い山はなく、なだらかな平野が広がっているといった印象が強いですが、袋田の滝や筑波山などの自然景勝地も豊富です。

 

各地からの方位ですが、西日本からみて茨城はおおむね北東にあります。
北陸3県、甲信越地方からは目的地によって方位が大きく異なります。

 

北海道・東北地方の各県からは南東〜南西、関東地方の各県からは、場所によって方位が大きく変わります。
出かける前には、きちんと方位をはかって目的地を選びましょう。→方位の測り方

忙しくて吉方位に行けないときは現地の名産品をお取り寄せ。

【まち楽】全国の名産品やご当地グルメが大集合!

茨城県のパワースポット

茨城のパワースポット一覧

茨城県の温泉

茨城の温泉一覧

  • 筑波山温泉
  • 袋田温泉
  • 磯原温泉

茨城のパワースポット・温泉記事一覧

鹿島神宮 参道 kashimajingu-shrine / puffyjet鹿島神宮は常陸国一宮。日本の国譲りと神武天皇の東征を成功に導いた武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)を祀っています。拝殿奥の大きな木周辺に強力なパワーがあるとされ、くじけない意思を授けてくれるスポットです。何かを決断したいとき、訪れるとよいでしょう。


トップへ戻る