スポンサーリンク

吉方位で開運とは?

自分に合った吉方位に出かける。

 

古くから行われている開運法で、「方位取り」や「祐気取り」とも呼ばれています。

 

特に儀式を行ったり呪文を唱えたりする訳でありません。
ただ吉方位に出向くだけです。

 

吉方位で美味しいものを食べたり温泉に入ったり。
それだけで運がよくなるというラクチンな開運法です。

方位取りで本当に運がよくなるの?

運が良くなる確立は高いと思います。
占いや気学は統計に基づいているからです。

 

運には、

  • 幸運な人はさらにラッキーに
  • 不運な人はますますツキがない

という法則があるみたいです。

 

じゃあ、運が悪い人は何をやってもダメなのか?

 

同じ努力量、習熟度も一緒で、

  • 大成功をおさめる
  • やることなすこと裏目に出る

どちらを選ぶかといえばやっぱり前者ですよね。
こんなとき、運も実力のうちだなって感じます。

 

体験談その1

 

「運も実力」と実感したことがあります。

 

自分はかつて技術系の派遣社員をしていました。
派遣元が不況で派遣社員を全員切ることに。

 

当然自分も雇い止めです。

 

そんな中、特別に数名の派遣が会社に残ることになりました。

 

残った一人は自分と同時期に入り、習熟度もほぼ自分と変わらない同じ会社の派遣さんです。
(しかもその方は居眠常習犯でした・・・笑)

 

ベテランの派遣さんも切られたというのに!

 

 

ちょっと長くなりましたが^^;

 

悪運の流れを変えるには「方位取り」。
李家幽竹さんの「絶対、運が良くなる旅行風水新版」(←絶対!って言い切っちゃうところがスゴイ)を参考に吉方位旅行をはじめました。

 

そしたら・・・

 

体験談その2

 

2009年7月、恋愛結婚運に効果が高いとされる東南の方角に出かけました。
ちなみに、出発日は年・月・日全てこよみが「九紫火星」でした。
(李家さんの風水でこの日は「旅行月・10倍デー」でした。後述)

 

離婚して10年以上経ち、ずっとパートナーに恵まれなかったのに、

 

結婚相手が見つかりました。

 

吉方位旅行って本当に効果あるんだなって実感しました。

 

 

たまたまって言われるかも知れません。
でも、自分にとってかなりインパクトの強い出来事だったのです。

 

その後パートナーも巻き込んで吉方位旅行を続けています。

 


トップへ戻る