雄山神社 前立社壇の紹介

雄山神社 前立社壇

スポンサーリンク

雄山神社 前立社壇はこんなパワースポット

雄山神社は霊峰立山を御神体とした神社です。

 

立山の神として伊邪那岐神・天手力雄神の二つ神様をを祀っています。
立山修験の源とされる神社で、女帝・元明天皇や後醍醐天皇などが国家鎮護などを祈願していました。

 

前立社壇(まえだてしゃだん)は、平安初期に建てられた立山寺(岩峅寺)を前身とする神仏習合の施設で、岩峅寺における立山信仰の拠点でもありました。

 

立山信仰の入口にあるという特性上、本殿を挟んで両脇に鳥居(表鳥居・東鳥居)と神門(表神門・東神門)が存在する作りもこの前立社壇の特徴の一つです。

 

自分の器を大きく広げ、自身をもたらすパワーがあるとされます。
人の上に立つという仕事を持つ人が訪れるのに最適なスポットです。

 

拝殿の前に強い気があり、お賽銭箱付近にも気が流れているとされます。

雄山神社 前立社壇の基本情報


大きな地図で見る

住所 富山県中新川郡立山町岩峅寺1番地
電話 076-483-1148
交通 富山地方鉄道 岩峅寺駅より徒歩約10分
料金 境内自由
時間 境内自由
休み なし

トップへ戻る